まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック


まだまだ新しい技術のレーシック
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。





まだまだ新しい技術のレーシックブログ:22年08月09日

今年のお正月は、
三人の子ども達がそれぞれ伴侶を伴って
八十八歳になる主人の母を囲み、
幸福感に満ちた笑いと会話が飛び交う
賑やかなものとなりました。

あたしは只々感謝で、
身体の中から熱いものが込み上げてきました。

今から二十六年前…
元気で出勤した旦那の交通事故による「突然の死」。

結婚して五年、
長男四歳、長女二歳、次女はわずか生後三十四日目の時でした。

病院へ駆けつけ、
ベッドに横たわっている痛々しい旦那の姿に
「夢であってほしい…」と
何度も心の中でつぶやきながら目の前が真っ暗になり、
ただ呆然としたのがつい昨日のことのように思い出されます。

「これから先どうしよう」と不安は募るばかりで、
病院の冷たい廊下で、
あたしは身体ごと崩れていくような思いでした。

旦那を亡くし、
改めて旦那の優しさ暖かさを思う毎日…
今どうする事が一番旦那や父母、
実家の父母が喜ぶことだろうかと何度も考えました。

そして年老いた旦那の父母を自分の父母と思い、
何よりも残された三人の子ども達に
親父の事を忘れないよう育てていこうと堅く決心しました。

8時夕仏壇の前で手を合わせながら挨拶し、
人様から何かをいただいた時には
「お父さん、これもらいました。開けてもいいですか?」と
親父に一つ一つ報告する幼い子ども達の姿に、
旦那の父母はとても可愛がって育ててくれました。

義母は跡取りだった男の子の話を、
子ども達に自慢気に話して聞かせることが度々でした。

義母が長男に間違って旦那の名前を呼び掛けますと、
「おばあちゃん、僕はお父さんと違うでー」と言葉を返します。

そこに和やかな笑いが広がるとき、
この父母に父母孝行させていただこうと
改めて心に誓ったものでした。
まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

レーシックの安全性は非常に高い
レーシックはどのように行われるのか
何よりもクリニックのサポート体制に注目
手術なので確実に成功するとは限らない
これからは裸眼で快適に生活
レーシック治療の実績数は要チェック
割引制度を利用してレーシック手術
まだまだ新しい技術のレーシック
日帰りで出来るレーシック手術
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック情報盛りだくさん情報ガイド