事前にレーシックの給付金を確認

生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります。
そのような場合には事前に手続きを申請しておく必要があります。

 

あなたが加入をしている生命保険や医療保険などがレーシック手術の補償がされるかどうかをまずは確認しておきましょう。
保険会社の担当者、またはホームページをしっかりと確認して、レーシック手術対象となるかをチェックしましょう。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 最近におきましては保障の対象外に指定をしている保険会社も多くありますので注意が必要です。
ハッキリとわからない時には、加入をしている保険会社に問い合わせをして詳細を確認しましょう。

 



事前にレーシックの給付金を確認ブログ:22年11月19日

減量をしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
減量失敗を繰り返していたわし。

わしの場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、スナック菓子を食べてストレス解消。
子供たちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は妹とともに、夜更けにチューハイ+おつまみで乾杯。
子供たちが残したご飯は、
もったいないので腹がいっぱいでも食べてしまう。
子供たちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

減量を始めても
この習慣はなかなか止められず
特にスナック菓子の誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
スナック菓子を食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

スナック菓子って、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
食事制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けてスナック菓子を食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いスナック菓子も、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
減量中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しく減量をしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられる減量をしていきましょう!